子供たちを交通事故から守りたい

(2018年2月14日)

 

みなさんこんにちわ!

甥っ子姪っ子に会いたくてしょうがないおっさん

ミッキーです!

 

今回は交通安全について書かさせていただきます。

甥、姪を持つ一人のおっさんとしてドライブ中に感じたことや

気をつけたいことを短いですがお話させていただきます。

この記事が参考になれば幸いです。

 

 

 

みなさん、甥っ子姪っ子とドライブしたり、電車で買い物にいったりしますか?
自分は甥っ子達が遊びに来ると必ずお出かけをします。
車での目的地までの車内の中で、しりとりや音楽を聴いて楽しく運転に支障
ないようにドライブしています。
 
スピードも制限速度を出来るだけ守るように心掛けています。
自分の甥っ子姪っ子といっても自分がこの子たちの親ではないので
事故を起こさぬように慎重に運転しています。
子供たちに何かあったら姉夫婦に申し訳ありません。
子供たちが小さいときから、一緒に過ごしているときは注意を払っているつもりです。
 
そんなある日、子供たちと姉、ばあちゃんで目的地に向かって車を走らせているとき
後ろからコンパクトカーがすごいスピードで追いついてくる車が
自分が運転する車内のバックミラーにうつりました。
後ろにピタリとつかれたのでバックミラーをちらりとみると、片手でハンドルを握り、
体を斜めにしながら運転する男性が…。

(体の向き間違えた〜)

 

その男性の顔は「ころすぞっ!」みたいな顔で運転していました。
いつも思うんだけどよくこんな姿勢で運転できるなと思う。
片手でしかも体を斜めにしながら運転しているので、何か急に飛び出しても
さけれないだろうな〜。
あきらかに運転を舐めていると思う。
自分もこういう運転をされるといつも頭にくるが、
とにかく無視をする。
とくに子供を乗せているときは怒りを抑えながら
バックミラーをみないようにして、出来るだけ後ろをみないようにする。
それでも気になる時は、バックミラーを手前に引くと(多分てまえだと思う…)
ミラーが斜めになるので後ろが見えなくなる。
(こんな時はサイドミラーで後ろを確認している)

 

 

後続車が煽りだしたら自分は我慢せずにコンビニ広いスペースをみつけて
さきにいかす…。
大事な人間の命をあずかっているのでやからにはつきあえない。

 

 

 

信号にも気をつけたいですね!
自分が右折レーンにいた時、信号は赤になり緑色の右マークが点灯したので右折しようと
車を走らせると対向車線から大型トラックが直進してくる…。

もう、みなさんもよくみる行為だと思います。
彼らの子供、身内がもし目の前の横断歩道を渡っていても同じことができるのかね〜?
 
危険は何も車を運転しているときだけではありません。
みなさんも経験あると思いますが、道を自転車、歩いているときに車が私たちをすごいスピードで
しかもひどい時は、体すれすれで抜いていくやからがいますよね?

 

大切な人と道路を歩くときは、自分が車道側をあるき守るようにしています。
できるだけ自分にも危険が及ばないように気をつけましょう!
だって子供が大好きなお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、おばさん、おじさんに何かあったら
悲しいですもん。
 
あと、スマホを見ながら運転しているドライバー!

 

もう、人の命なんて考えないで運転しているよねー。
自分思うんだけど、最近の教習所って昔と教え方が違うのかなと思う…。
もちろん危ない運転する理由はもっと他の原因があるんだと思うけど。
ここではあんまり深く書かないけど…。

 

 

最後に…

 


 

とにかく甥っ子姪っ子と出かけるときは、最新の注意を払っていつも以上に神経をとがらし行動しよう!
おじさん、おばさんの立場で物を言わせてもらうと、あくまでも自分たちは おじさん、おばさんです。
親ではありません。自分の行動でかわいい子供たちを傷つけるかもしれません。
それと、自分も変なやからにならぬように、人を守るやさしい運転や行動をしましょう!(自分は特に)
強い立場のひとは、弱い立場の人を守る!
車に乗ってるからって小さい車、歩行者、自転車、バイクに醜い行いをしないよう
我々おじさん、おばさん気をつけましょう!
そして、大好きな甥っ子と姪っ子と楽しく遊び、良い思い出をいっぱい作りましょう!

 

 

 

 

 

 


TOPへ