初めての甥っ子姪っ子誕生

(2018年1月26日)

 

全世界のお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん、そして伯父さん叔母さん、

お元気ですか?先日(月曜日)に関東地方で降った大雪、積もりましたねー。

今日も日中寒く、今週いっぱい寒さがつずくみたいなので、体調を崩さないように

お気をつけください。

私ミッキー、こたつの中でこの記事を書いております。

今回は、甥っ子と姪っ子が生まれた時の事を少し書かさせていただきます。

子供は家族全員にとって、とても大事な命!

私は独身なのでお父さんお母さんの気持ちがわかりませんが、

伯父の自分でも甥っ子達が生まれたときは信じられないくらい

感動いたしました。

おじいちゃんおばあちゃんもお孫さんは大変可愛い存在なんで

しょうねー。

私の父母は長年待ちに待ってやっと出会えた孫なので大変幸せを

噛みしめているのであります。

(父は無口で厳しい人なので、甘い顔はいたしません)

心の中と態度が違います。

まあ、それはそれであんまり文章が長くなると私の文書力がないことが

ばれますのでここからは普通に書かさせていただきます。

 

 

甥っ子誕生!

 


 

今から約11年前に甥っ子が誕生!

その日は1月、が降っていたことを覚えています。

電話で「生まれたよー!」との連絡を多分姉から受けて速攻で

親父と会社を出て(当時は自営業をしておりました)、

母の待つ自宅に帰り電車で病院に行く準備を。

準備しながら親父と無言で日本酒を一杯飲みいざ出発!

親父、お袋、そして自分がまさかこの日が来るなんて思っても

いなかったので、3人ともなんか変な感じ。

病院にいって赤ちゃんを見るまでなんか安心できない。

そして病室に入り赤ちゃんとご対面

じいちゃん、ばあちゃんの誕生である。

自分は怖くて甥っ子を抱かなかった、いや、抱けなかった。

もし手がすべったらとか考えちゃった!

赤ちゃんを抱いている二人をみて一安心。

もう 俺に「早く結婚しろ!」とか 「孫見せろ」とか言われなくてすむかも?

お兄さんの(姉の旦那)ご両親も大変喜んでおりました!

兄のご家族にとっても初めての孫なので4人のじいちゃん、ばあちゃん大喜びでした

本当にうれしかったですねー。 我が家にこんなことが起こるなんて本当に思わなかったもん。

姉だって結婚するとは思わなかったし、まあ、兄が優しくてハンサムだから良かった良かった!

(母3姉妹と甥)

 

 

 

   

 

 

 

姪っ子誕生!

 


 

甥っ子が生まれて約1年と半年後、姪っ子が生まれた

兄姉ともどもまあまあの年齢なので本当に神様に感謝です。

「生まれたよー」とまた連絡が入り3人で病院へ。

季節は梅雨の6月、雨は降っておらず曇り空。

今回は車での出動!

病室で姪っ子を見たとき

ああ、今度は女の子か〜」って幸せ一杯。

運よく甥と姪を持つおっさんになれた!

今回は女の子ということもあり、兄の母、お袋ふたりでなんだか

楽しそう。もちろん甥っ子も愛してますよー。

ただ女の子は着るものが可愛いからそっちが楽しみみたいだった!

(爆睡中の姪)

 

姉夫婦も男の子女の子を授かったので、大変感激しておりました。

自分が兄に「俺が伯父さんだなんて信じられない!」と言うと兄も

「俺もまさか親になれるなんて思ってもみなかった…」と二人で会話したのを

覚えてる。

余談だけど姪っ子が生まれ孫が二人になった親父は自分に

「結婚しろ!見合いしろ!」と言わなくなった…。

この写真が証明するように、親父が笑顔で孫をあやすなんてまじで

考えられない。あの厳しい男が!

よく「口から手が出るほど…」なんていうけど親父はそれを超えていたからねー。

まあ、それほど欲しかったんでしょー。

仲間内とかで親父が酒飲んでても孫がいる仲間が必ず

孫の自慢話みたいのする人がいたみたい…。

その話聞くのがかなりむかついてたみたい…お〜くわばらくわばら…。

まあ、こんな自分も初めての甥っ子姪っ子の誕生を経験できたので

感謝しなくてはいけません。

みなさんもいろんな思い出、また気持ちがあると思いますが、

お子様、お孫さん、甥っ子ちゃんに姪っ子ちゃんと共に人生を歩みたいですよね。

簡単ではございましたがこれにて失礼をばっ!

 

 

 

 

 

TOPへ