写真を整理していたら出てきた!ああ、もう一度会いたい愛犬

(2018.11.01)

 

 

これ、一番気に入っている愛犬だったチャーリー君の写真!

 

家にきてまだ一カ月もたっていなかったと思うけど、口にバトミントンの羽をくわえたショット!

 

性別は男でヨークシャテリア。 体は小さかったけど心は大きかった・・・。

 

チャーリーは3番目の家族でした。 一番目は猫のミー子。2番目はマルチーズのミッキー。

 

ミー子とミッキーが亡くなってからの家族でした!

 

ミッキーが他界してからは「もう犬はいいや!」なんて思っていたけど1カ月後運命的な出会いをした。

 

ある日、「見に行くだけ」ということで姉とペットショップへ行き店内に入ると黒くて手のひらに乗る大きさのヨークシャが僕らを見てジャンプ!

 

そのしぐさが姉のハートを見事にゲット! チャーリーは他の犬とは違い「つれってってー!」のもうアピール!

 

そのしぐさがオイラのハートもメロメロパンチ!

 

しかし、お値段とはいっちゃ〜あれだけど、当時自分の一カ月分の給料に値するお値段・・・。

 

オイラは飼うのをあきらめて姉と店をでて車の中へ・・・

 

 

すると姉が、

 

 

え〜〜え?飼わないの〜? もうあんな性格の良さそうなヨークシャと会えないかもよ〜?
お姉ちゃんはほしいな〜!

 


 

 

 

 

この一言でオイラの脳は崩壊、後日オイラの一カ月分の給料を握りしめチャーリー君を引き取りに・・・。

 

チャーリー君は16年間生きました。 まあ、それまでは色んな事があったな〜・・・。

 

病気がちで通院していたもんね〜。

 

チャーリー君に一番気を使ったのが食事。 前の家族のミッキーで失敗してしまったのでチャーリー君の食事は犬用の食事のみ。

 

ただ15年目くらいから、もう命も長くはないだろうとたま〜に体に良さそうな食べ物をあげていました。

 

 

亡くなってからもう来年で10年になるなんて信じられない・・・。

 

今は犬も猫も飼っていない。  だってもう十分だよ。 生き物は・・・。

 

 

 

 

TOPへ