千葉県・清水公園でマス釣りをしてきました

(2018.09.18)

 

 

先日、姪っ子、甥っ子、姉とばあちゃん、そしてオイラで千葉県の清水公園にマス釣りをしてきました。

 

今年6月に清水公園に遊びに来た時にマス釣りをする時間がなかったので今回はマス釣りのみに絞り

 

遊びに来ました!

 

釣りを前から甥っ子がしたがっていたので数日前から楽しみにしていたみたい。 オイラも数年ぶりの釣りだ!

 

マス釣り場の入場受付で3人分の釣り竿をレンタル! 人数分レンタルしても良かったけど代り番こで釣ることにしました!

 

 

餌はコーン(トウモロコシ)でした! 子供や虫が苦手な人には安心な餌ですね〜。

 

朝10時前に釣り始めたのでまだ釣り場には人がすくなかたったです。

 

 

 

最初は姉、姪っ子甥っ子が挑戦!

 

釣り堀なのになかなか釣れません。 泳いでいるのは見えるのに・・・。  

 

 

すると突然、姪が「きゃ〜」と悲鳴を上げたので姪の方へ眼をやると魚が釣れた

 

釣れて嬉しいんだけど魚が威勢よく「ビタビタ」っと暴れているのでびっくりしたみたい!

 

 

 

「おじさん、とってとって」と姪がオイラに魚を針から外してと注文。 オイラ数年ぶりに生な魚を触るのでビビりながら針をとろうとするも針がマスの口の奥の方まで入ってしまっている・・・。

 

「まじか!こわい!触れない」とビビり考えたすえ釣り場のスタッフさんにとってもらいました! (弱い伯父・・・)

 

しかし元気が良すぎ! 跳ねまわっていたもん。 姪が釣れたのを見ていたばあちゃんが釣りをしたくなったのか姪と交代!

 

 

 

 

しばらくするとばあちゃんがオイラの名前を大声で「○○○!○○○!魚とって!」と名前を2回も叫ばれ魚をとれと。

 

母はゴキブリ捕りの名人、反射神経が昔から抜群!なのですぐに魚が釣れた!

 

残りの3人、つまり姉、オイラ、そして甥子・・・。 釣り堀だから釣れないことはないと思うけど一番楽しみにしていた甥にはがんばってもらわなければ!

 

(姉と甥っ子の2ショット!)

 

姉も釣れないでイライラしている。 ばあちゃんが釣れたので今度はオイラにバトンタッチ!

 

しばらくすると「やったー!」と太い声が・・・姉である。 姉も魚をゲット! 当たり前のように針に食いついている魚を持ちあげながら笑顔でオイラの所に・・・。

 

これもまた針がお口の奥の方へ・・・。 オイラが悪戦苦闘しながら針を取ろうとしている姿をみながら「わるいね〜」とおっしゃる姉。

 

しかし本当に針が奥の方へ入るとマジとるの大変。 魚の口から血が出でくるし出来れ苦しまずに取ってあげたいけどねー。

 

なんとか魚もとれてオイラも釣りに集中。  残るはオイラと甥子。

 

時間がたつにつれ釣り人も増えてきた。 ほとんどが小さな子供連れの家族。 土曜日、天気も良し、家族サービスにはもってこいのコンディション!

 

どの家族も魚が釣れると大騒ぎ! 「ああ、こういう休日の過ごし方もあるんだねー」って思っちゃったオイラ! 

 

なんて思っているとオイラの竿にもあたりが!  引き上げるとお魚がコーンに食らいついていまた!

 

「イエス!!」オイラも狂喜乱舞! 笑顔で魚をゲット! 

 

姉が一言、「残るは我が息子のみか〜」。 そうなんですよ、まだ甥っ子だけが釣れていない・・・。 おばあちゃんも甥っ子を心配しサポートしだす・・・。

 

「あっ、この場所いいんじゃない?」と孫を誘導。

 

 

その成果があったのか甥にもお魚が食らいついた!

 

 

「おおっ!釣れたぜ!我が甥よ!」 トゥトゥトゥートゥッ、とロッキーの勝利した時の音楽がオイラの耳に聞こえた!!

 

 

 

というわけで5人みんな釣れたので釣りは終わりにして釣れたマスをいただく事に。 会計をするときに釣れた魚をスタッフさんにわたして調理していただきます。

 

 

 

 

ばあちゃん、携帯で写真を撮る! 

 

釣れたマス、とても美味しかったー。 魚臭くもなく油も乗っておりコレマタ焼いていただいたスタッフさんの塩加減が最高! 

 

 

これからの秋、清水公園でマス釣りにぜひ!!

 

TOPへ